フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 明快な答え | トップページ | 病気とインターネット »

2004.04.12

事件は現場で起きている

イラクの人質事件はいまだに解決していない。朝のワイドショーをザッピングしてみる。情報が限られているということもあるが、さしてネタがないまま放送枠をなんとか埋めようとしている。何をやっているのかといえば、中東やイラクの専門家を集めて情勢分析だ。しかしこれは視聴者が本来望んでいる情報なのだろうか。情勢分析が多くなればなるほど、現場で人質にされている人たちへの思いがどんどん薄れて行く感じがする。数年前の映画の名台詞ではないが「事件は現場で起きているんだ。」といいたい。

日本政府はといえば、在イラク邦人人質事件対策本部なるものを設置したのはいいが、これこそ『現場とかけ離れた議論の場』の総本山といえるかも知れない。この総本山で実際にどのような解決策を打ち出し、具体的にいかなる手を打っているというのだろう。事態はまるで進展していない。

話は変わるが、ヨルダンに現地対策本部が作られたというニュースも流れている。でも、事件はイラクで起きているというのに、なぜ隣の国の現地対策本部なのか。イラクで戦闘が行われているから隣国ということになったのだろうか。だとしたら、イラクに派遣されている自衛隊は戦闘が行われている国にいるのだから、退去させなければならないのではないか。加えて驚くべきは、現地対策本部の本部長がマスコミの後追いのように、アンマンでの人質たちの足取りを追って情報収集だと息巻いているらしい。はて、事件はヨルダンで起きているんだったっけ?

『現場とかけ離れた議論』といえば、日本のテレビ局は何かあると馬鹿のひとつ覚えのように街頭インタビューをする。あれはもうやめるべきだと思う。まったく無責任な一般市民に意見を聞いてどうしようというのか。街頭インタビューは世論でも何でもない。放送番組を制作している人たちが自分たちに都合の良いコメントを勝手に選んで編集しているだけなのだから、街頭で市民がどんな意見をいったところでまったく意味がない。

早く現場でこの事件が解決することを望みたい。

« 明快な答え | トップページ | 病気とインターネット »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/428509

この記事へのトラックバック一覧です: 事件は現場で起きている:

« 明快な答え | トップページ | 病気とインターネット »