フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 日本のニュースにはない映像 | トップページ | 事件は現場で起きている »

2004.04.11

明快な答え

昨日イラクで捕捉されている3名の日本人の映像について書いた。どうやら首筋に刃物を突きつけている映像や、女性が悲鳴をあげている映像をカットしたのは、日本ではなく最初に映像を発信したアルジャジーラであったらしい。なぜその部分をカットしたのか疑問に思っていたが、今朝のテレビ番組を見ていて謎が解けた。

目覚めにつけたテレビであったので、どこの局の何という番組であったのかは記憶していない。が、イラク問題となると必ず出てくる放送大学の高橋教授がこんな発言をした。あまり詳しく覚えていないので若干の解釈も入るが。

・中東地域では家庭の中で女性が強いので、男性が女性を痛めつけているような映像は反感をかう
・また、母親は絶対的な存在であり、日本からアルジャジーラ経由で発信された人質の母親たちが泣いている様子は、現地イラクでも同情をもって見られるだろうし、母親を泣かすようなことをする者たちは反感をかうことになる・・・・といった内容だった。

イラクの女性たちが事件を解決に導いたのか、あるいはそのことを知っている誰かのアドバイスで外国のメディアを利用し、犯人らに日本の母親たちの涙を見せつけ、それが事件解決に結びついたのか、そのあたりの詳しいことはわからないが、人質救出のために何らかの情報作戦や心理作戦があったのだろうと推測できる。

いずれにしても、嫁さんや母ちゃんの力が強いのは万国共通かも知れない。

« 日本のニュースにはない映像 | トップページ | 事件は現場で起きている »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/424539

この記事へのトラックバック一覧です: 明快な答え:

« 日本のニュースにはない映像 | トップページ | 事件は現場で起きている »