フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 北朝鮮から来た子供の持ち物 | トップページ | 拉致家族会バッシング? »

2004.05.25

身勝手な免罪符

中世の教会で、信者に罪の償いが免除免除される証明書として発行されたが「免罪符」で、それが転じて「責任や非難をまぬがれるための行為」を「免罪符」というようになったと辞書にある。


身勝手で無責任な奴が非難されるのは世の常だ。blogをあれこれ渡り歩いていると、職場の上司をわざわざインターネットを使って非難したり、部下たちが寄ってたかってあげつらうようなものがあったりするが、つい読んでしまう。本来、人の悪口というのは面白いものだ。しかし、それもある一線を越えてしまえば単なる醜い言葉の集合体でしかない。

何年か前に、以前に利用していた「さるさる日記」という日記サイトに、自分の叔母が自分たちや祖母をいじめるといった悪行を赤裸々に公表した女性がいた。それがあまりにもドラマチックな悪行であったため連日愛読していたのだが、ある時、感想のメールを送ったら、返信に、その日記に書かれていることが脚色されたものではなく全て本当のことだとわかり、救いようのない虚しさを感じたことがあった。あまりにも醜い人間の身勝手さは、感情の嵐を巻き起こし、時に、芸術的な名文を誕生させるエネルギーになるのかも知れないとその時実感した。

さて、きょうのテーマは「免罪符」だが、実は先日の日曜日に、とても下らない場面に出くわしたことがモチーフになっている。

休日でふだんよりは人の多いスーパーの雑貨売り場。幼い子供が、両親の買い物につき合わされてきているのだが、飽きてしまい、つい、面白そうなところで寄り道。
母親は、いなくなった子供を捜すでもなく「アキ~、アキ~」自分の子供の名前らしきものを店内全体に響くような大声で呼ぶ。呼ばれた子供は、やっと母親の声が聞こえて両親の元へ走る。と、すぐに「いつもいってるでしょ~、離れちゃいけないって~」

オマエラ何様だよ。ここはオマエラの家の中じゃないんだ。大声でいい加減にしろよ。そういいたい。声にしないまでも周囲の人たちが、この母親に非難の視線を送る。気づいた母親が人の顔をそれとなく見て一言。「だから言ってるでしょ。変な人に連れて行かれたら大変って!!」子供を叱ることがこのアホな母親の「身勝手な免罪符」なのだろうが、他人の方を向いて誘拐犯のようなことをいうあの無神経さはまるで理解できない。だいたい、いつも子供をしかり続けているから、子供はオマエの言葉を聞かなくなっているんだぞ。

この母親を見ていてどこかで同じシチュエーションを体験したことがあると感じた。そうだ、あれだ。

犬のお散歩中に通行人に向かって吠えるアホ犬。さらに、それに輪をかけたようなアホな飼い主は、人間様に向かって謝ろうなどとは考えもせずに、「ダメじゃないの~、静かにしなさい!!」などと犬に向かって叱りつけいる。これも「身勝手な免罪符」だ。よく考えてみれば、これほど人を馬鹿にした態度はない。

ただ単にシャイだからということではない。自分に非は一切ない。悪いのは他人や犬や子供で、その原因や因果を蹴散らせば、それだけで自分の罪は免れると信じている。冗談じゃないぜ。

さて、あまりにも醜い身勝手で、無責任な奴らは、たしかに創作のエネルギーになっているようだ。怒れ創作者たち、怒り散らせBloggerたち。そして、ある一線を越える寸前で楽しもう。

« 北朝鮮から来た子供の持ち物 | トップページ | 拉致家族会バッシング? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/650098

この記事へのトラックバック一覧です: 身勝手な免罪符:

« 北朝鮮から来た子供の持ち物 | トップページ | 拉致家族会バッシング? »