フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« かなり重い男子バレーの十字架 | トップページ | スーパーハイビジョン »

2004.05.30

テレビとインターネット

土曜日の朝は、8時から「旅サラダ」、そのまま9時半からは「ぶらり途中下車の旅」というのが、いつもの番組ウォッチスケジュールになっている。

この「ぶらり途中下車の旅」の面白いところは、食べ物や各種の珍しいものを紹介することだが、番組中に出てきたお店や工房などは、あとからホームページで確認できるところが良い。最近の情報番組では当たり前のサービスだが、いわゆる「消えモノの情報」もインターネットと連携させることで「残る情報」になり得る良い例だ。

ちなみに昨日の放送内容はここを見ればわかる。

そういえば、この番組の中でとある鰻屋さんが紹介されていて、リポーターの阿藤 快さんが、「このうなぎのタレは秘伝のものですか?」の質問に「いや、醤油とみりんを同量入れただけ。」という主人の返事が妙に面白かった。最近は、秘伝のタレなどと自慢をする店が多いが、おそらく秘伝なるものもその程度なのだろうかと思うとなぜか笑える。

ところで、先にもふれたように番組を見て興味を持ったことをインターネットで調べるというのが、現在のスタイルだが、テレビとパソコンが無線で連動していて、チャンネルを変えたり、あるいはテレビを違うものにする度にインターネットの画面が切り替わり、リアルタイムで番組情報を見ることができるという次世代のシステムをきょうNHKの研究所で見てきた。

「ユビキタスホームページナビゲーション」と名付けられたこのシステムは、いつでもどこでも、ネットワークを通して、さまざまなサービスが簡単に利用できるというもので、現在はまだ研究レベルだが、赤丸チェックの技術かも知れない。

なお、ちなみに最近流行のユビキタスのこともちょっとだけ勉強しておきたいものだ。

« かなり重い男子バレーの十字架 | トップページ | スーパーハイビジョン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/680537

この記事へのトラックバック一覧です: テレビとインターネット:

« かなり重い男子バレーの十字架 | トップページ | スーパーハイビジョン »