フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« テレビとインターネット | トップページ | 曽我さんの夫とフジモリ大統領 »

2004.05.31

スーパーハイビジョン

昨日、NHKの放送技術研究所を訪ねた。NHKが現在、研究所レベルで取り組んでいる技術を一般公開するというイベントがあり、その中にハイビジョンの4倍の解像度があるという「スーパーハイビジョン」を展示しているというので出かけてみた。はたしてどれほどの画質なのかこの目で確かめてみたかった。

出かける前にインターネットで駐車場があるかどうか調べたのがだ、どうも車はだめらしく、そこで近くにある砧公園の駐車場に車を止めることにした。ここなら世田谷美術館もあるので何度も来ているし、そこから歩いてもNHKの研究所までならすぐだ。天気にも恵まれ、公園内を散歩がてら目的地をめざした。大勢の人たちが休日の公園を楽しんでいた。緑が心地良い。

ほんの少しのどが渇くくらいの散歩で、放送技術研究所に到着。中に入ってあまりにも大勢の人が来ているのに驚いた。こんないい方は適切ではないが、あれこれ展示している技術を、この観客の何パーセントの人が理解できるのか疑問だ。少なくとも腰のまがったおじいさん、おばあさん(大勢いた)にはちと難しいのでは? 

さて、問題のスーパーハイビジョンで制作された映像だが、およそ5分くらいの作品で、屋久島の古代杉をテーマにしたものだった。画素数は7680×4320というからとてつもなく大容量の画像ということになる。プロジェクターから9.8m×5.6mのスクリーンに鮮明な映像が映し出された。なかなかの驚きの高画質だ。

これまでIMAGICAの試写室などで35mmのフィルム映像を何度も見ているが、このスーパーハイビジョンなら映画館の映像にも劣らない画質を持っているのではないかと思う。詳しい情報はこのページにあるので素人があれこれ解説するのは控えておこう。

驚きの高画質を見て外に出たら、その映像を収録したスーパーハイビジョン用のカメラがあった。これも、とてつもなく巨大なカメラで、これを担いで屋久島の山々を撮影して歩いたのかと思うとスタッフのみなさんの苦労が想像できた。

その上、調べたところによると、撮影済み画像データの扱いがものすごく時間がかかって大変なことや、編集にも膨大な時間がかかるらしく、あれこれ大変だそうだ。それにしても、本当に愛知万博でこれを放映するのだろうか。話題づくりには良さそうだが、なにやら大変そうだ。

« テレビとインターネット | トップページ | 曽我さんの夫とフジモリ大統領 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/685362

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーハイビジョン:

« テレビとインターネット | トップページ | 曽我さんの夫とフジモリ大統領 »