フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 犯罪抑止犬 | トップページ | 離婚後に当たった宝くじ »

2004.07.01

老害プロ球団など無用

「おれが知らない人は入るわけにはいかない。プロ野球というのは伝統がそれぞれにある。金さえあればいいというもんじゃない。」こんな傲慢な話が許されて良いのだろうか?プロ野球「近鉄」の球団買収について、金にものをいわせてあちこちの4番バッターばかり集めている球団のオーナーが発言したコメントだ。

金がなくて困っていた近鉄球団は、さっさとどこかに身売りをすれば良かったろうに、もたもたしているうちにチャンスを失ってしまったようだ。そのツケが今になって拡大してきたのだ。もっとも赤字を招くような経営者の判断ミスや指示ミス体制が、球団経営にも持ち込まれただけなのだろうが、後手後手の対応のまずさが目立つ。それとも、この話が持ち上がった時点で、「伝統」なるとてつもなくわけのわからない言葉を使って、あの傲慢なオーナーから、やり手の青年実業家など絶対に相手にするなと脅迫されていたのだろうか。

現在の日本球界のオーナーは、昔から労働者たちから搾取を重ねてきた大企業の経営者たちだし、一緒にゴルフなんかしちゃったりする仲良しの爺様ばかりなのだろう。ここに新興勢力の入る隙間はなさそうだ。それに、知らない人は仲間に入れてもらえないのだからいつまでたっても蚊帳の外だ。これは見方を変えればあきらかな「いじめ」だ。これじゃ、海外からの投資だって絶対にあり得ない。この爺様たちは、「伝統」という言葉を使って、仲間内だけでプロ野球という毎年搾取できる利益を守り抜こうと考えているから、始末が悪い。

我らbloggerにとっては、とても親近感を感じるライブドアのオーナーだが、こんな「老害」の爺様たちと対決などするなといいたい。

そんなエネルギーと資金があるなら、東京、ソウル、北京、上海、香港、台北、ウラジオストック・・・・など、東アジア圏の経営者たちと力を合わせて、アジアンリーグでも作ってくれといいたい。「伝統」と「格式」なら既存の球団や、爺様オーナーたちに任せておけばいいだろう。

そう考えてくると、アジアンリークなどといわず、環太平洋リーグでも面白いかも知れない。日本、中国、韓国などのほかに、アメリカ、カナダ、オーストラリア、キューバ(ちょっと外れているが)なども巻き込んで、巨大な広告宣伝マーケットを開拓した方が面白いのではないだろうか。だいたいライブドアの得意のインターネットには国境などないのだから、これからこれくらいの規模でビジネスを考えるべきだろう。

ガンバレ、ライブドア。

« 犯罪抑止犬 | トップページ | 離婚後に当たった宝くじ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/879543

この記事へのトラックバック一覧です: 老害プロ球団など無用:

« 犯罪抑止犬 | トップページ | 離婚後に当たった宝くじ »