フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 箱根駅伝を歩く 第6回 1区六郷~鶴見 | トップページ | 箱根駅伝を歩く 第8回 2区 生麦~横浜 »

2005.07.11

箱根駅伝を歩く 第7回 2区 鶴見~生麦

京浜急行の鶴見市場駅を出てほんの少し歩いたところに箱根駅伝の1区と2区の襷渡しをする鶴見中継所がある。ただしこの駅前の通りは道路が斜めに走っているため、はじめて訪れた人にはちょっとわかりにくいかも知れない。もし不安なら近くにいる人をつかまえて第一京浜、もしくは国道15号線はどちらかと聞けばよい。

2週間ぶりに鶴見中継所の「明日へ走る」の像をもう一度眺めて、さっそくスタート。今回の目標は、ここ鶴見中継所から横浜駅前までで距離にしておよそ8.3キロメートル。スタートは午前9時40分。天候は曇り。夏場にしては日差しも弱く、多少蒸し暑いが絶好のウォーキング日和だ。

2ku101

歩きはじめてすぐに軽い坂道になる。その坂道を上っていくと鶴見橋という橋になっている。下を流れているのはもちろん鶴見川ということになるが、左右をコンクリートの護岸で囲まれた川幅100メートルくらいのところの全体に水がゆったりと流れていた。

この鶴見橋の中央部を境に今度は長い下り坂が続き、その先に鶴見の市街地が見えた。大きなパチンコ屋のほか、大型のホームセンターが並んでいる。もうこのあたりまでくるとあきらかに郊外の町という雰囲気が漂ってくる。

鶴見といえば、この町にある登山用品とアウトドア関連の商品を置いているショップがお気に入りの店のひとつで、何年も前から時々訪ねてきていたが、ここしばらくはご無沙汰をしている。あの店は相変わらずにぎわっているだろうか。

鶴見社会保険事務所のあたりで道路は大きく右にくねる。これまで、上下で6車線くらいに広がっていた道路がまた狭くなるためで、将来はこの先も拡張されていくのだろうなと思わせるように、前方に見える高層マンションはみな道路からかなり下がったところにきれいに整列している。

総持寺入り口の交差点を過ぎ、そのまま前進。周囲には古い家屋が目立つ。やがて電車のガードが見えてきた。近づいてみると、そのガードのところが「国道」という名前の駅であることが分かった。地図を見ると鶴見線の駅のようだ。それにしても何と安直な駅名だろうか。

2ku116

それはともかく、この「国道駅」の駅舎を見て驚いてしまった。昔の映画に出てくるような超レトロな雰囲気が漂っているではないか。

高架の線路の下に二階建てくらいの高さのトンネル状の通路があり、その左右に、もうしばらくは営業はしていないだろうが、飲食店が並んでいる。赤ちょうちん風の店がもし全部営業していたなら、有楽町のガード下のようなエキゾチックな雰囲気を醸し出していただろうになと簡単に想像できる。

それにしても、これならあまり手を加えずに、戦後すぐの闇市の匂いがするシーンが撮影できるのにと思う。映画やテレビ関係者が見たら放ってはおけない筈だ。いやひょっとしたら、既に何度かはスクリーンやブラウン管に登場しているかも知れない。

2ku117

このレトロな風景を眺めているうちに、戦後から昭和の高度成長期くらいまでの夜の街を再現するテーマパークでも作ったら面白いのではと、あれこれ思いをめぐらせてしまったが、妙に雰囲気があって面白い空間であることに違いはない。この「国道駅」は、いずれは再チェックに訪れたい場所のひとつになった。

生麦駅入口の交差点を通過。箱根駅伝のチェックポイント表によれば、ここでスタートの鶴見中継所から3.1キロメートルになる。道はずっと平坦だ。

さらにその平坦な道を進んでいくと京浜急行のガードが見えてくる。そのガードの少し手前に「生麦事件之跡」と書かれた塚を発見した。何となく「やはり」という感じもしなくもないが。

2ku132

簡単に解説をすると・・・「生麦事件」は、幕末に薩摩藩の大名行列の前を馬に乗って横断した4人のイギリス人が薩摩藩士に斬りつけられたというお話。この事件はその後簡単に片がついたのではなく、この事件から薩英戦争が始まり、そのことがきっかけで薩摩藩とイギリスが手を結ぶことになり、さらにはこれによって軍事力を増した薩摩藩が江戸幕府を倒すという、もの凄い歴史の大舞台の幕開けになったのがこの場所なのだ。そう考えると、この塚はとても重要な歴史遺産といえるかも知れない。

この塚のすぐ脇にキリンビールの工場の入り口があった。箱根駅伝といえばサッポロビールの提供なので、ここにキリンビールの工場がありますなんて絶対にアナウンスしないだろう。でも、このキリンビールの工場は、たしか誰でも工場見学ができるほか、ビアレストランもあるらしい。後ろ髪を引かれる思いで前進。

« 箱根駅伝を歩く 第6回 1区六郷~鶴見 | トップページ | 箱根駅伝を歩く 第8回 2区 生麦~横浜 »

「連載 箱根駅伝を歩く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/4921938

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝を歩く 第7回 2区 鶴見~生麦:

« 箱根駅伝を歩く 第6回 1区六郷~鶴見 | トップページ | 箱根駅伝を歩く 第8回 2区 生麦~横浜 »