フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« ハンカチおやじ | トップページ | 隣の席の「フラガール」 »

2006.09.22

一瞬の風景

それが、どこの何という名前の町なのかまったくわからないし、覚えていもいない。だが、たしかにこの目で見たものであるし、もし自分が画家であったらおそらくその風景を絵にしていただろう。

周囲には小高い峰が連なり、谷底のくねくねとした川沿いのわずかな平地に道路と列車の線路がある。そのまわりの斜面には民家がぽつぽつと点在する。そんなありふれた集落の何気ない風景だ。

その時、電車に乗っていたのか車の座席に座っていたのかすら覚えていない。覚えているのは、谷あいの向こう側、それもその下はかなり深い崖になっていて、下にはエメラルドグリーンの川が流れている。その崖の上に少しだけ開けた平地があり、そこに昔ながらの木造校舎の小学校と運動場がある。もうすぐお昼になるのだろう太陽は真上にある。運動場には、おそらく集落の人たちが全員集まっているのではないかと思えるほど大勢の人たちがいて、どう見ても運動会のようなことをしている。

距離はどう見ても300メートル以上。谷底をはさんで対岸。それも移動中の乗り物から見ているのだが、なぜか運動会に興じている人たちの楽しげな雰囲気が矢のようにこちらに伝わってきて、実はよくは見えないのだが、それでも集まっている大勢の人たちの笑顔を見たような気がした。

山村、実りの秋。この小さな集落で、おそらく村の分校で、そこの児童だけでは運動会も成り立たず、ならばと集落の人たちのレクリエーションも兼ねて合同で地域の運動会。老若男女が集まって秋の一日を楽しく過ごすのだ。

そうだ、この感覚はどこかで体験したことがある。少年時代、自分が育った町の集落で行われていた地域の運動会だ。当時は、娯楽が少なかったせいもあるが、大人も子供もみんが集まって、町内対抗の運動会をしていた。それは大人も子供も夏休みの後半から練習が始まるほどの熱の入れようで、いざ本番となれば地域のみんなが心底のめり込むほどの一大イベントであった。

考えてみれば、一瞬、それもずっと向こうに見える山あいの集落の運動会であったが、少年時代の色々な想いが交錯して、ひとしきり過去を振り返ることができた。だから今も心に残る風景として脳裏に焼きついているのかも知れない。

旅を楽しむ・・・そこには、このような心の風景と出会える面白さがある。それにしても、しばらく旅に出ていない。このままじっとしていたら、自分が腐ってしまいそうだ。

« ハンカチおやじ | トップページ | 隣の席の「フラガール」 »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/11989032

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の風景:

« ハンカチおやじ | トップページ | 隣の席の「フラガール」 »