フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 手を合わせる姿 | トップページ | 再開したウォーキング »

2009.09.25

飛沫感染

夕暮れ時、ショッピングセンターの前で待ち合わせをした。店内への入り口から少し離れた静かな場所。大きなガラスの向こうにはパン屋の店内が見渡せた。

人通りはあるものの、もうかなり薄暗くなり、通りはどことなく物憂げで、パン屋の白熱灯の明かりが、その薄暗さをさらに憂鬱なものにしていた。

時計を見る。まだ待ち合わせより10分近く早い。通り過ぎる人たちのファッションを眺めながら無駄に時を過ごしていた。新型インフルエンザが流行しているのかどうかはわからないが、大勢の通行人が口元にマスクをつけ足早に去っていく。

ふと振り返り、パン屋の店内を見渡してみた。

ちょうど店の中央にある展示棚のところに、幼稚園児くらいの男の子と、品定めに夢中になっている母親の姿が見えた。

男の子は、おいしそうなパンに目が釘付け状態。そろそろ夕食時だし、おなかも空いているのだろう。

母親は、子供になにか声をかけながら棚の上段のパンをとりトレーの上に載せている。

驚きの光景は、突然に始まった。子供がパンに鼻をつけるくらいの距離に達した瞬間、突然、大きなくしゃみをしたのだ。逆光の照明も手伝ってか、鼻と口から大量の飛沫が飛び出し、目の前の美味しそうなパンの上に勢いよく降り注いでいる様子がくっきりと見えた。

近くにいる母親もその様子は見ていない。遠くのレジで商品を袋詰めしている店員でさえも、その様子にはまるで気づいていない。ああ、あのパンどうなるの?

新型インフルエンザの感染爆発は、これからが本番なのか。

« 手を合わせる姿 | トップページ | 再開したウォーキング »

「コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/46304813

この記事へのトラックバック一覧です: 飛沫感染:

« 手を合わせる姿 | トップページ | 再開したウォーキング »