フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 公共広告もう結構 | トップページ | 農作業の延期を呼びかける馬鹿行政担当者へ »

2011.03.22

安全値と安心値

東京電力福島第一原発の事故の影響により、露地栽培されたホウレンソウなどから食品衛生法の暫定規制値以上の放射性物質が検出され、政府は21日、当面の間、本県産のホウレンソウとカキナについて、出荷制限の措置を取るよう指示した。

官房長官の記者会見もひたすら生命に直ちに影響を与えるものではないの一点張りで、イマイチ歯切れの良いものではなかった。

だが、既に風評被害が始まっており、指定地域以外のホウレンソウも店頭では売れない状況にあるらしい。官房長官が「冷静な対応を」と呼びかける気持ちもわからないではない。

食品衛生法の暫定基準値が国の基準なら、われわれ国民はそれが安心を得られるぎりぎりの『安心値』であると納得するしかないだろう。だが、この暫定基準も必ずしも直ちに健康に影響を与えるものではない許容の範囲のさらに下にあるようで、これなら絶対に安全だという『安全値』はもっと上に設定されているようだ。

だとしたら、この『安心値』である暫定基準は、何を根拠に作られたのだろうか。中途半端だから暫定ということでも仕方がないが、どうせどこかの学者さんたちが集まって宇宙線や自然界に存在する放射線量などから『これくらいなら』と決めたのだろうか。

それにしても、直ちに人の健康に影響がない野菜の出荷制限なら、かえって不安を煽ることにならないだろうか。

どこまでが『安全で』どこまでが『安心なのか』、もっとわかりやすい線をはっきり決めて欲しい気もする。

3e_zu


« 公共広告もう結構 | トップページ | 農作業の延期を呼びかける馬鹿行政担当者へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/51186510

この記事へのトラックバック一覧です: 安全値と安心値:

« 公共広告もう結構 | トップページ | 農作業の延期を呼びかける馬鹿行政担当者へ »