フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« その列に並ぶな | トップページ | 原発 ヤリ玉 ちょっと待て »

2011.03.16

原発無用論? ホント?

福島原発は、放射線だけでなく原発無用論もまき散らしているようだ。

早くもネットの世界では、原発無用論が飛び出している。これほど地震や津波の多い国に原発を作るのは危険、それに人間の作った巨大で複雑な機械は、ジェット機も高層ビルも交通システムも、みな危険性をはらんでいる。だから原発だって、もういらないというのがその主張のようだ。原発が危なくなったらすぐにこれかよ。

20世紀は科学技術の発達があったからこそ、人々の暮らしを豊かなものに変えることができた。もちろん、その過程で数え切れない事故やトラブルを繰り返してきたが。その科学技術の発展を大地震や津波が怖いからやめにしようというのも極端な意見のような気がするがどうだろう。むしろ、これを教訓にしてさらに確かな技術を身につけていこうというのが、人類の未来のために必要なことなのではないだろうか。

原発は怖いからいやだ。とか、遺伝子組み換えは人間に悪影響を与えるだろうから反対だとか。これまでの知識や価値観では理解できないようなことには、とりあえず「よくわからないから反対」というのは簡単だし、何も学習したくないというのと同じだ。無責任な今のガキどもがいうならまだしも、立派な大人がそんな論調でこれからの日本を語って欲しくはない。

もっとも、無責任な若者たちは「原発に世話にならない○○」などという表現を巧みに使ってネットの世界を泳ぎ回っている。これまでさんざん原子力発電所でつくる電気のお世話になってきた連中にそのようなことをいう資格があるのだろうか。

地球温暖化の進行を止め、なおかつ現在の暮らしを維持しようと思えば、二酸化炭素を放出しない原発を抜きに未来を論ずることなどできないはずだが、それでも原発はいらないといえるのだろうか?

海外でも、原発建設の凍結が話題に上りはじめ、原発は世界のお荷物になろうとしている。しかし、注目したいのは、スイスの論調で、「原発を作る上でいかに安全性を確保できるかを議論したい」と前向きで、かつ取るべき対策を明確に論じているところが、今の日本の論調よりはるかに大人のようにも思える。

« その列に並ぶな | トップページ | 原発 ヤリ玉 ちょっと待て »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/51135521

この記事へのトラックバック一覧です: 原発無用論? ホント?:

« その列に並ぶな | トップページ | 原発 ヤリ玉 ちょっと待て »