フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年6月

2011.06.14

暗闇と蛍

先日のことだが、数十年ぶりで蛍の光を見た。

もちろん、今時、ありふれた場所で蛍をみつけることなどできるはずもない。

それは、横浜本牧の三渓園が行っている「蛍の夕べ」というイベントでのことだ。

三渓園といえば、大きな池を備えた庭園や京都・鎌倉などの歴史的建造物が保存されていることで有名だが、その園内の一部を流れる小川を中心に蛍を鑑賞するのがこのイベント。

元々ここに蛍が生息していたのか、あるいはどこからかその幼虫でも移植してきたのか、そのあたりの事情については知るよしもないが、ともかくも、まったくの暗闇に数え切れないほどの人がいて、雑木に囲まれた小川にあのもの悲しげな光が浮遊したり、木の葉にとりついて小さな光を点滅させる蛍の光を見つけることができた。

その光を眺めているうちに、幼い頃、家の庭で捕らえた蛍を蚊帳の中に放し、闇夜に浮かぶ光をじっと見つめながら眠りについたことを不意に思い出した。暑い夏の晩だった。

立ち止まって暫く眺め、もう少しよく見えるポジションはないものかと移動したが、あまりにも大勢の観客に行く手を遮られ諦めて会場を出た。

わずか10分程度の蛍観賞だったが、暗闇の中にいたことで、妙に気持ちが落ち着いたように思えた。

そういえば、長野の善光寺にはお戒壇巡りといって『瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく・・(善光寺サイトより)』という道場があるという。

同じように、ほかの宗教でも暗闇を体験することで悟りに近づく的な苦行もあるらしい。

また、最近では、癒しを目的にした暗闇セラピーなるものもあるという。

暗闇が、明るいところではわからない何かを与えてくれるのかも知れない。

暗闇でもう一つ。つい先日のことだが、東日本大震災から1ヶ月目の被災地を取材するために東北に出かけていったときのことだ。

ある日、深夜に大きな余震が発生し、東北地方が一斉に停電、この停電は数日続いたのだが、この時、まさに夜は完璧な闇夜となった。

ふだんから、寝るときは明かりをすべて消すが、それでも遮光カーテンの隙間から外の光が入り込んできて、真っ暗闇ということはあまりない。

この停電の時は、宿泊していた旅館の構造的な問題や、外の月明かりなどの自然条件もあるかも知れないが、それでもカーテンを開けておいても、室内はまさに真っ暗闇。

だが、この暗闇の中で就寝すると、なぜか深い眠りにつくことができ、翌朝の目覚めがとても良かったことを思い出した。

暗闇とは、何かいいようのない恐れのようなものを感じさせる一方で、人の本来持っている能力や感性を刺激する何かがあるのかも知れない、あるいは癒しに結びつく何かがあるのかも知れない。

それにしても、なぜ、あの蛍の光は人の心を虜にするのだろう。

« 2011年4月 | トップページ | 2012年3月 »