フォト

最近のトラックバック

最近のコメント

List

無料ブログはココログ

« 暗闇と蛍 | トップページ

2012.03.14

自転車でひき逃げ 全治1ヶ月

昨日、仕事をしていた私のところに病院から電話が入り、「奥様が事故でけがをしており、詳しい説明をしたいので、あと30分後に来て欲しい」との連絡。30分で移動することなど明らかに不可能に近い状況だが、とりあえず、仕事の関係者に挨拶をして病院へ直行。今朝は何もごともなく家を出て行ったのに、どうしたというのだ。

医師との面談では、「大腿部頸部骨折で、手術をしなければ寝たきりになってしまう。すぐに手術の段取りをしたいが良いか」とのこと。何もわからず、そういうものかと、妻の大手術に同意。聞けば手術のあとにリハビリも加えて、全治1ヶ月以上だという。

いったい何があったのか。

とある団体でパート労働者として働いている妻は、経理関係の仕事をしている都合上ほぼ毎日のように近くの銀行などへ出かけている。
この日も、いつものように銀行での業務を終えて事務所に帰る途中だった。

妻の話によれば、「交差点の横断歩道を渡りきったところで、後方から何かに押されるような強い衝撃があり、そのまま倒れ込んでしまい、気づくと、自転車に乗ったj人物が、慌てて逃げて行くのが見えた」という。

起き上がろうとすると足の付け根に激しい痛み。近くでその様子を見ていた人が、すぐ警察に通報。やがて、警察官が現れ、起き上がれない様子を見て救急車を要請。そのまま救急指定病院へ運ばれた。

通報してくれた人の話では、歩いている妻の真うしろから自転車が追突、倒れた妻を介抱することもなく、そのまま逃げていったというのだ。

病室で妻の様子を見ていると、警察官が二人やってきた。所属を聞いて「え、交通課? 何で刑事課じゃないの?」ふと疑問に感じる。どうやら警察では、この一件を交通事故ととらえているらしい。全治1ヶ月以上だというのに、「これは、あきらかな傷害事件だろう。何ですぐに犯人捜しをしないの」そう思った。

そんなことは、さておき、これから一日も早い回復のために、夫としての非日常的な暮らしが始まりそうだ。

« 暗闇と蛍 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23316/54218359

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車でひき逃げ 全治1ヶ月:

« 暗闇と蛍 | トップページ